レディースクリニックゆう

金沢市の鍼灸 整骨院 中国医学《ゆう鍼灸接骨院》

〒921-8036 石川県金沢市弥生3-3-46
℡ 076-220-6343
レディースクリニックゆうへ

 

症例報告

婦人科の病気

不妊症・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
20代後半 女性
結婚後2年経過したが、妊娠しないため来院
他院にて多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断を受け、
約1年間タイミング療法を行うが妊娠に至らなかった
レディースクリニックゆうにて、治療とタイミング療法を行い
並行して週1回の鍼灸治療を行う
治療回数を重ねていくと体が温かくなっていくことを実感した
治療開始から約3か月後、タイミング療法により妊娠
妊娠に至り治療終了

高齢による不妊症
40代前半 女性
体外受精により不妊治療をしているが妊娠に至らないため来院
30代前半に自然妊娠するが死産し、精神的に落ち込み妊娠を諦めるが、
40歳に再び妊娠を希望し体外受精による不妊治療を開始
年齢的に卵子の質が悪く、戻せる受精卵の数も少なかった
週2回の鍼灸治療を半年ほど続け、卵子の質が良くなり授精卵のグレードも上がった
現在も鍼灸治療と体外受精による不妊治療を継続中

不妊症 子宮内膜症
30代前半 女性
人工授精での妊娠希望のため来院
他院にて年齢のことや子宮内膜症により左の卵管が閉塞していることなどから、
体外受精へのステップアップを勧められた
本人は体外受精までは考えておらず、人工授精での妊娠を希望している
週1~2回の鍼灸治療を受け治療開始2か月後、
レディースクリニックゆうにて、人工授精により妊娠
流産防止のため、安定期に入るまで鍼灸治療を続け、安定期に入ったところで治療終了

原因不明の習慣性流産・子宮筋腫
30代後半 女性
他院にて体外受精を行うが、流産したため来院
レディースクリニックゆうの診察で子宮筋腫が見つかる
筋腫を小さくし、妊娠する為に週1回の鍼灸治療を15回受け
タイミング療法(レディースクリニックゆう)により妊娠
妊娠後、流産防止の為の鍼灸治療を続け無事に出産

原因不明の不妊症
20代前半 女性
体外受精を行うが妊娠に至らないため来院
週1回の鍼灸治療を15回受け、他院にて体外受精し妊娠
元気な男の子を出産

不妊症・チョコレート嚢胞
20代後半 女性
不妊症とチョコレート嚢胞の治療を行うため来院
週2回の鍼灸治療を30回受け、タイミング療法により妊娠
チョコレート嚢胞も1cm小さくなる
流産防止の為、安定期に入るまで週1回の鍼灸治療を続ける
元気な女の子を出産

不妊症
40代前半 女性
体外受精により不妊治療をしているが妊娠に至らないため来院
3回体外受精を行うが妊娠に至らない
卵子の質も悪い
週2回の鍼灸治療を15回受け、卵子の質も上がり体外受精を行ったところ妊娠
流産防止のため、安定期に入るまで鍼灸治療を続け、安定期に入ったところで治療終了

更年期障害
50代 女性
ほてりや気分の悪さがひどいので来院
顔のほてり・汗・めまい・気分が悪い・息苦しい・頭痛などの症状に悩まされている
ストレスも非常に多く、ストレスを感じると特に症状がひどくなる
初めての鍼灸・漢方治療を受けた後、身体がかなりスッキリした
治ったわけではないので週1回のペースでの治療継続
今では症状も安定しているが、悪くならないように2週に1回ほどのペースで治療継続中

子宮筋腫
30代 女性
筋腫の大きさは約7cm・月経時の出血量が多い・貧血(入院レベル)
仕事を早退しないといけないほど貧血がひどい
週2回の鍼灸・漢方治療を15回受けた
病院で検査をしてみたところ筋腫が2cm小さくなっていた
出血量も少なくなった
良くなってきたところだったので治療を続けたほうが良いが
仕事の都合上、治療を続けることができなくなって治療終了

チョコレート嚢胞
40代前半 女性
チョコレート嚢胞を小さくしたくて来院
チョコレート嚢胞の正確な大きさはわからないが本人の話によると子宮を圧迫するほどの大きさ
週1回のペースで鍼灸、漢方治療を受ける
半年ほど通い、検査を受けたところチョコレート嚢胞が消失していた
その後もしばらく治療継続し、再発もないので治療終了

更年期障害
40代後半 女性
更年期障害の治療をしたくて来院
汗が出る、顔が熱くなる、頭痛、首肩コリがある
10日に1回ほどのペースで鍼灸、漢方治療を受ける
半年ほど通い、すべての症状がほぼ消失する
現在は時々疲れた時などに症状が少し出たりするのでその時だけ治療を受けるようにしている

産後の骨盤矯正
30代前半 女性
産後の骨盤のゆがみが気になり来院
股関節痛や腰痛も発症した
週1回の治療を10回ほど受けた
骨盤の歪みが取れていくにしたがって腰痛、股関節痛も改善した
治療の間隔を空けても骨盤が歪まなくなったので治療終了

子宮筋腫・卵巣の腫れ
20代後半 女性
生理痛がひどくて来院
生理が来ると生理痛がひどく、調子の悪いときは生理が来てなくても痛む
筋腫は卵巣にぶつかるほどの大きさ
10~14日に1回のペースで治療を受ける
5回受けたところで生理痛がほとんど気にならなくなる
15回受けたところで病院にて検査をしてもらう
筋腫が小さくなり卵巣にぶつからないほどの大きさになっていた
治療を続けてもっと筋腫を小さくし、卵巣の腫れも抑えるほうが良いが仕事の都合で治療終了
治療を続けていければ筋腫も消失させることが出来たと考えられる

子宮腺筋症
40代前半 女性
腺筋症による腰痛を改善したくて来院
生理が来ると動けないぐらいの痛みに襲われる
生理中は薬を飲み続けていないと日常生活も送ることが困難
週2回のペースで治療を受けてもらう
治療開始してから2回目の生理では痛みが軽減し、薬を飲む回数が減った
治療開始3ヶ月が経った頃に検査をしたところ腺筋症が少し小さくなっていた
現在はペースを落としても痛みの改善がみられるので地道に完治を目指して頑張っている

神経の病気

糖尿病性神経障害
60代 男性
両足趾の痺れ・痛みにより来院
糖尿病に罹患後、数年経過
血糖値・HbA1c 正常値 (薬内服)
痛み・痺れはピーク時に比べると少し減少 痛みの程度(ペインスケール8~9)
一番痛かったときは、救急車を呼ぶほどの痛みがあった
1年間くらい、1週間に2回の鍼灸治療と、漢方薬治療をし、痛みがかなり軽減(ペインスケール1~2)
(治療内容:鍼灸・漢方ともに糖尿病に対する治療と痛みに対する治療)
その間にメニエール病になり、その治療も並行して行う(鍼灸治療)
痛み・痺れ、ふらつき等、症状が良くなったため、治療を終了したが、半年ほどして痛みの症状が悪化したため、再来院(ペインスケール4~5)1週間に1回の鍼灸治療で、直ぐに痛み減少
再発が怖いため現在も通院中(ペインスケール0~1)

糖尿病性神経障害
70代 女性
両足趾の痺れ・膝の痛みにより来院
足趾の痺れは気になる程度で日常生活には支障はない
膝の痛みが特にひどく歩くのも辛い状態
膝の治療と同時に糖尿病性神経障害の治療を行う(鍼灸治療)
1回の治療で痺れが半分ほどに治まる
その後2回の治療を行い痺れは治まっていったが、膝の痛みが変わらないため病院を受診したところ膝の骨折が判明したため鍼灸治療に通うことができなくなり治療を終了した

脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)
60代 男性
脊髄小脳変性症の診断を受けたため来院
歩行時にふらつきがあり歩行困難・構音障害(呂律が回らない)・勝手に手が震える
起立性低血圧(急に起きるとめまいがする)
来院当初は、自分だけで歩くことが出来ず付き添いの方と一緒に来院していた
初めは週3回のペースで鍼灸治療を行う
半年ほど経った頃、歩行も安定してきて自分一人で来院できるようになった
ⅯRIの検査でも萎縮の進行はなかった
呂律やふるえなどの症状も落ち着いてきたので、週1回のペースに落として治療継続
現在も悪くならないように治療継続中

顔の病気

顔面神経麻痺
20代 女性
右顔面神経麻痺で来院
3日前に友達に顔が何かおかしいと言われ気づき、その後徐々に進行
患側のまぶたが閉じられない・口を膨らませることができない等、典型的な症状がある
1週間に2回の鍼灸治療と漢方薬治療によって、約1ヵ月で症状ほぼ改善
左右の顔を比べると、シワのより方・力の入り方にやや違いが残る
2ヵ月で顔の左右差が無くなったため、治療終了

眼瞼下垂(特に左)と親指の痛み
40代 女性
まぶたの状態がひどくなり、仕事で手をたくさん使うことで痛くなったので来院
まぶたを開けておくことが出来ない・疲れが溜まるとひどくなる・親指は手を握ると痛い
4回の鍼灸治療でまぶたを少し開けやすくなった
親指は、握っても痛みが出ることは無くなった
このまま治療は続けたほうが良いが、仕事の都合で通院が難しくなったので治療を終了

眼瞼けいれん
20代 男性
左目の下まぶたがけいれんして治まらないので来院
1週間ほど前から左目の下まぶたがけいれんし出した
常にではないが1日に何度もけいれんが起きる
けいれんが起きると3~5分ほどけいれんが続く
鍼灸治療を行ったところ、治療を受けるごとに症状が良くなった
5回ほど治療を受けたら症状はほぼ消失した
仕事の都合で通うことが難しくなったので治療終了

眼瞼けいれん
20代 女性
右目のけいれんを発症したので来院
3日前から右目のまぶたがけいれんし出した
1日のほとんどがけいれんした状態だった
鍼灸治療を受けた次の日からけいれんが1回も起きなくなった
その後も再発はないので1回で治療終了

耳の疾患

突発性難聴
30代 男性
左耳が全く聞こえない・強いふらつきにより来院
1週間前に朝起きた際、突然左耳が聞こえなくなった
すぐに耳鼻科にて1週間入院し治療したが、まったく変化が無かった
1週間に数回(来れるだけ)の鍼灸治療をし、聴覚はやや改善
ふらつきが強く車に乗るのも大変だったが、ふらつきは無くなる
仕事の都合で、2ヵ月ほどで治療終了
(もう少し治療を続けられたら、さらに改善が見られたと思われる)

突発性難聴
60代 男性
聴力の低下・耳鳴りで来院
症状が出現してからすぐに病院にて治療を行うが、あまり変化がなかった
最初の1か月は週3回の鍼灸治療を受け、順調に聴力と耳鳴りが良くなったので
2か月目は週2回、3ヶ月目は週1回と徐々に治療間隔を空けていった
症状はほぼ改善したが、再発防止の為に3ヶ月ほど週1回の治療を続け再発もないので治療終了

突発性難聴
60代 男性
突然の聴力低下により来院
聴力低下・耳鳴り(川の流れるような音)・耳の詰まり感・ふらつきがある
突発性難聴を発症後、ステロイド治療を行うが症状には変化なし
週2~3回のペースで鍼灸治療を行う
治療開始1ヶ月ほどで耳鳴りが治まる
そのまま治療継続し2ヶ月を過ぎたころにはふらつきも治まる
現在では耳の詰まり感も2~3割にまで改善した

耳鳴り(右)
40代 女性
半年前から耳鳴りが出始め、一向に良くならないため来院
寝るときに特に耳鳴りが聞こえる・ストレスを感じると耳鳴りがひどくなる
他の治療院でも治療を受けたが良くならなかった
週1回のペースで鍼灸治療を行う
ゆっくりではあるが徐々に耳鳴りは治まる
15回の治療を終えたところで、耳鳴りはほとんど気にならなくなったので治療終了

整形外科(痛み・しびれなど)の病気

五十肩(肩関節周囲炎)
50代 男性
肩の痛みで来院
服を脱ぎ着するとき・電話をしているとき・腰に腕を回すときなどの動作で痛む
夜間痛あり
3ヶ月ほど前から痛み出し、しばらく放置していたが痛みがどんどんひどくなってきたので病院を受診
注射を受けたりしたが全く効かなかった
週1回のペースで鍼灸治療を受け、3回の治療で夜間痛が消失
10回ほどの治療を受けたところで、日常生活で痛みを感じることは無くなったので治療終了

腰痛症
30代 女性
腰の痛みにより来院
前かがみになると痛い・寝ている状態から起き上がるときが痛い
1ヶ月前から痛みを感じ、運動などは控えていたが痛みが治まらなかった
週1~2回のペースで鍼灸治療を受ける
1ヶ月ほど治療を受けて、症状が消失したため治療終了

頚肩腕症候群
40代 女性
首~腕に痛みが走り、しびれが出てきたので来院
振り向くことが出来ない・じっとしていても痛みとしびれが出る
週2回の鍼灸治療を10回受けたところで、じっとしているときの痛みはほぼ消失
振り向くときの痛みはやや残るので、週1回のペースで治療継続
週1回のペースの治療を5回ほど受けたところで症状は完全に消失
再発防止の為に、週1回ほどのペースで治療継続中

坐骨神経痛
30代 女性 
腰~右太もも、右ふくらはぎにかけての痛み・しびれにより来院
立っていることが出来ない・歩く時やジャンプしたとき響いて痛い
半年ほど前から腰に気になる程度の痛みが出てきた
しばらく放置していると、徐々に足のほうにかけて痛みが広がっていった
我慢できないほどになったので、病院を受診
病院にてブロック注射、痛み止めの処方を受けるがほぼ効果なし
週2回のペースで約2か月、鍼灸治療を受ける
仕事で1日立っていても痛みが出ないほどに改善
ジャンプしても響かなくなる
まだ調子の良い日と悪い日があるので、症状を安定させるために週1回にペースを落として治療継続
ペースを落としてから約2か月で、症状が安定したため治療終了

肩コリ
50代 女性
首と肩のコリ・右腕~手のしびれにより来院
何をしていても首と肩のコリを感じ、常に右腕~手がしびれている
3日に1回ほどのペースで鍼灸治療を行う
5回受けた時点でコリとしびれは共に、だいぶ良くなる
そこから2週に1回のペースに切り替え、悪くならないようにメンテナンスを兼ねて治療継続中

腰痛症
40代 女性
腰の痛みにより来院
腰を反らせると痛い・座っていても痛い・寝返りをうつと痛い
治療を重ねるごとに徐々に痛みが改善
10回の治療を受けた時点でほぼ痛みが消失
日常生活を不自由なく過ごせるようになったので治療終了

腰椎椎間板ヘルニア
40代 男性
腰から左足にかけての痛みにより来院
左のお尻全体、左のかかと、左のくるぶしが特に痛い・じっとしていても痛い・車の運転中が特に痛くなる
病院でブロック注射を受けるがほぼ改善なし
出来るだけ間隔を空けずに3回ほど鍼灸治療を受け、治ったかと思うほど劇的に痛みが改善
まだ痛みの状態が不安定なので、そのまま治療継続
2ヶ月ほど治療を続け、痛みがほぼ出なくなったので治療終了

ぎっくり腰
40代 女性
マットレスを動かしたときに腰痛を発症したため来院
前かがみや腰を左に捻ると痛い
3日に1回の鍼灸治療を5回ほど受け、痛みは完全に消失
1週間経っても再発がないので治療終了

腰椎椎間板ヘルニア
50代 女性
腰の痛み(特に左)がひどくなったので来院
昔から腰痛あり・仰向けに寝ると痛い・下の物を拾うとき痛い・足のしびれもあり
一度の鍼灸治療で痛みと足のしびれがほぼ消失
再発もしていないので、また悪くなったら来院するということで治療終了

肩コリ・背中の張り感
40代 男性
仕事中に肩こり、背中の張りを強く感じるようになったので来院
肩が重く感じる・背中が硬く感じる
週1回のペースで鍼灸治療を行う
コリが頑固で10回ほど治療を受けたところでコリと張り感がだいぶ楽になる
まだ症状が消えたわけではないので治療継続
さらに10回ほど治療を受けたところでコリと張り感が消失
再発しないように2週に1回のペースでの治療を継続

首・肩・背中の痛み
50代 女性
何をしていても痛みを感じるようになったので来院
首、肩、背中にうずくような痛みがある・首、肩、背中が異常に硬く感じる
最初は週1回のペースで鍼灸治療を行う
2ヶ月ほど経った頃、硬さも取れてうずくような痛みも落ち着いた
仕事が忙しくなると痛みが強くなったりするので、2週に1回のペースに落として治療継続

頸椎椎間板ヘルニア
40代 女性
首~背中にかけての痛みが出現したため来院
首~背中にかけて鈍痛あり・腕のほうにも鈍痛あり
以前、様々な治療院で治療を受けたが揉み返しがひどく治療を続けることが出来なかった
揉み返しを起こすことなく、治療を受けることが出来たので週1回のペースで鍼灸治療を行う
良くなったり悪くなったりを繰り返したが、10回ほど治療を受けたところで症状が消失
症状も悪化することなく安定しているので治療終了

肩こり・腰痛・膀胱炎
50代 女性
仕事をしていると肩こりがひどくなる・軽く押さえるだけでも腰が痛い
膀胱炎が慢性的になりスッキリしない
月に1回の鍼灸治療を半年ほど続けたところ、肩こりは改善
腰痛は押さえても痛くない状態に改善、膀胱炎のスッキリしない状態も改善
現在は、悪くならないように月1回の治療を継続

腰椎椎間板ヘルニア
60代 男性
痛みの影響で歩行困難になり来院
腰痛・お尻~ふくらはぎにかけての痛み(両足)
発症当初は痛みが気になる程度だったが、徐々に痛みが強くなっていき
今では30m歩くと痛くて休憩しながらでないと歩くことができない
週2回のペースで治療を行う
15回の治療を終えたころ両足と腰の痛みは半分ほどに落ち着いた
続けて歩ける距離は、50メートルほどに伸びた
そのままのペースで治療を続け、3ヶ月ほど経った頃には痛みなく約10分続けて歩けるようになった
現在も、完治へ向けて治療継続中

頚肩腕症候群
50代 女性
左肩から手の先にかけての痛みとしびれが出現したため来院
寝ていても痛みとしびれがある・動かすときも症状がひどくなる
週1回のペースで治療を行う
徐々に症状が良くなる
2ヶ月ほど治療を受けたころには肩の痛みや腕の痛みが消失
そのまま治療継続し、今は症状もすべて消失
予防のために月に1度の治療を現在も継続中

股関節痛
40代 女性
右の股関節の痛みにより来院
歩くと痛い・椅子から立ち上がるときに痛い・股関節に体重をのせることができない
寝ていても痛い
炎症が強く、症状もかなり強かったので週2回のペースで鍼灸治療を行う
10回の治療が終わったところで歩くときの痛みが最初の痛みの2割ほどに落ち着いた
週1回にペースを落とし治療継続
さらに10回終わった頃にはほとんどの動作が痛みなく行えるようになった
現在は、痛みが出ないように2週間に1回のメンテナンスを行っている

手に力が入らない
30代 女性
病院で尺骨神経が悪くなっていると診断され当院で何とかならないかと思い来院
両手に力が入らなくなり手を握ることが出来なくなった
朝にこわばりもあり、リウマチの疑いもあると医師から言われている
当院で検査したところ神経に異常も見当たらず、関節の炎症などもなかったので筋肉の緊張から
くる筋力の低下と推測
手を握る動作に関係のある筋肉の緊張をほぐしたら1回で手が握れるようになった
念のためもう一度来院してもらったが、再発もなかったので治療終了

大腸の病気

潰瘍性大腸炎
10代 女性
薬が効かなくなってきたので来院
血便・腹痛・貧血・風邪をひくと症状がひどくなる
小学校6年生の頃に血便が出始める
貧血がひどく、体重もどんどん減っていくので病院で検査してもらいそのまま入院
ステロイド治療と食事制限を行い寛解し退院した
退院してからは薬で抑えてきたがだんだん効かなくなった
週3回ほどの鍼灸・漢方治療を行う
初めは、鍼灸治療の効きが悪く、良くなってもすぐ腹痛が出たりしていた
治療開始から7ヶ月ほど経った頃には、腹痛が出ることも少なくなる
現在では、大腸内視鏡検査で潰瘍が無くなったことを確認
血便も治まり、悪くなっても下痢まで
完治に向けて現在も週1回のペースで治療継続中

腎臓の病気

腎不全(膜性腎症)
60代 男性
膜性腎症の診断を受け、腎機能が低下してきていろいろな治療を試したが良くならなかったので来院
むくみ・体がだるい・タンパク尿・血尿
週2回のペースで鍼灸・漢方治療を行う
徐々に体のだるさやむくみが徐々に軽くなってきた
治療開始して3か月経った頃から血液検査と尿検査も正常値に近づく
1年間治療を続けて、血液検査、尿検査、腎生検が正常になる
正常になってからも3ヶ月ほど治療を継続し、再発する様子もないので治療終了